にっぽんのかわいいタイル(おまけ付)
5764f119a458c03f4c005ee6 5764f119a458c03f4c005ee6 5764f119a458c03f4c005ee6 5764f119a458c03f4c005ee6

にっぽんのかわいいタイル(おまけ付)

残り1点

¥2,376 税込

送料についてはこちら

私たちの暮らしにこんなかわいいものがあったんだ。国内外で 「かわいい」を発見し文化と歴史に編み込む確かな仕事をされている加藤郁美さんの最新刊。 ちいさなかわいいタイルのおまけがついています。 (帯より) おばあちゃんの家、銭湯、映画館、角の煙草屋…昭和を彩ったなつかしいタイルの8割が、なんと4キロ四方の小さな町、岐阜県多治見市笠原町で作られていました。色とりどりのタイルを生み出した笠原町と、いまも笠原タイルを貼った建物がのこる全国の街町を訪ねます。 にっぽんのかわいいタイル 昭和レトロ・モザイクタイル篇 ヨコ195mm xタテ 135 mm×厚さ20mm 本文256ページ 索引以外オールカラー (版元サイトより) 「モザイクタイル」とは、タイル1枚の表面積が50平方センチメートル以下のタイルのこと。かつては一般の家庭でもお風呂や炊事場で、あるいは銭湯や映画館、煙草屋などでごく普通に使われていました。驚くべきは、昭和を彩ったこのモザイクタイルの約8割が、わずか4キロ四方の小さな町、岐阜県多治見市笠原町で作られていたこと。その立役者は一人の青年・山内逸三で、彼の独創と努力によって笠原町のタイルは、日本全国に、そして世界に広まったのです。  笠原町では2016年6月3日、藤森照信氏設計による独特の建物も話題の多治見市モザイクタイルミュージアムが開館しました。本書は、同館所蔵モザイクタイルの名品を収録する第1部、23歳で美濃焼モザイクタイルを創製した山内逸三、そして彼と藤井厚二や甲子園ホテルとの知られざる関連を追う第2部、町全体がひとつの工場のような笠原町を訪ね、タイルの製造過程を紹介する第3部、人魚や桃太郎といった美しくも妖しいモザイクタイル画など、笠原タイルを今に残すレトロな街町を歩く第4部で構成されます。なつかしいモザイクタイルを深く楽しく紹介する、充実の一書です。