【署名入・特典付】村上仁一 / 写真集「地下鉄日記」
5eb0f73955fa0309773e2b9b 5eb0f73955fa0309773e2b9b 5eb0f73955fa0309773e2b9b 5eb0f73955fa0309773e2b9b 5eb0f73955fa0309773e2b9b 5eb0f73955fa0309773e2b9b 5eb0f73955fa0309773e2b9b 5eb0f73955fa0309773e2b9b 5eb0f73955fa0309773e2b9b 5eb0f73955fa0309773e2b9b 5eb0f73955fa0309773e2b9b

【署名入・特典付】村上仁一 / 写真集「地下鉄日記」

5,720 JPY

About shipping cost

  • COVER1

    Last 3

  • COVER2

    Last 3

*オフセット印刷のサイン入りポストカード付 *表紙は二種類からお選びいただけます。 仕様;モノクロ144page、上製本 サイズ; W222mm*H306mm*17mm テキスト:森山大道 ブックデザイン:町口覚 言語:和文、英文、華文 版元:roshin books(2020) 版元サイトより: 東京の地下鉄の一日の利用者は800万人を超え、巨大な都市に張り巡らされる大動脈として都市機能を支えている。村上は学生の頃からの20年間、その地下鉄を利用しながら写真を撮り続けた。 バブル経済崩壊以降、日本が低迷し続ける中で村上が見続けた眼差しの先の人々は、あたかも東京という海を漂流するかのごとく、いまだ出口の見えない街を彷徨っているように見える。 平成から新しい元号となり2020年という節目の年を迎える東京、地下鉄日記が描く姿は過去のものになるのか、それとも未来のものになるのか。確かなのはこの作品がスナップショットの歴史に残る楔になることだとroshin booksは信じています。