高田マル編著『21世紀の画家、遺言の初期衝動 絵画検討会2018』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

高田マル編著『21世紀の画家、遺言の初期衝動 絵画検討会2018』

Last 2

2,750 JPY

About shipping cost

高田マル編著『21世紀の画家、遺言の初期衝動 絵画検討会2018』 絵画検討社(2020) 共著:浦川大志、竹浪音羽、Taxxaka、千葉成夫、千葉大二郎、秦雅則、藤井雅実、宮下夏子 ー版元サイトよりー 絵画はいま、本当に必要か。 「なぜ、描くのか」から21世紀の絵画のありかたを考える一冊。5つの展示図版、作家間の膨大な会話から、新しい器としての「絵画」を練りだすとともに、期間限定でネット上に公開し話題を呼んだ藤井雅実、千葉成夫の最新絵画論も掲載。 絵画史や美術史とは異なる方向から考え抜かざるをえない、「描くこと」をめぐる思考、信心。そこから生まれる、これからの絵画について。 W130mm×H190mm×D23mm 336ページ(うち、カラー図版114ページ)、コデックス装 装丁:小林すみれ 高田マルの本 https://stores.jp/search?q=%E9%AB%98%E7%94%B0%E3%83%9E%E3%83%AB&store=popotame