【サイン入】阿部海太/ ぼくがふえをふいたら
5fac0795f0b1081691ab2028 5fac0795f0b1081691ab2028 5fac0795f0b1081691ab2028 5fac0795f0b1081691ab2028 5fac0795f0b1081691ab2028 5fac0795f0b1081691ab2028 5fac0795f0b1081691ab2028 5fac0795f0b1081691ab2028 5fac0795f0b1081691ab2028 5fac0795f0b1081691ab2028 5fac0795f0b1081691ab2028

【サイン入】阿部海太/ ぼくがふえをふいたら

1,870 JPY

About shipping cost

* Early 12/2020 scheduled shipping.

画家・絵本作家の阿部海太(あべかいた)作絵の絵本です。 音楽がうまれるとき、生きものが体の内を音で表現するその瞬間を、見事な絵と言葉でお話にしました。 サイン入りの本は12.5以降,サインなしの場合は11.17以降のお届けです。 2020.12.5〜27 ポポタム実店舗にて原画展を開催します。詳細はこちら ↓ http://popotame.net/?p=2925 〈版元サイトより〉 フルーーフルーー……笛の音は風にのり、彼方にこだまして、眠るだれかをよびおこす。 タタ、タタ、カチャ、ケチャ、ビーン、ビーン……! 重なり広がり響きあい、音は喜びに満ちていく。 圧倒的な画力とみずみずしい感性で絵本の新境地に挑む画家・阿部海太が描く、音楽のうまれる神秘的な瞬間。心地よい余韻がのこる絵本。 仕様 B5 上製 40ページ 著者 阿部海太 編集 鈴木加奈子 担当編集 宮村彩子(岩波書店) デザイン 赤田千恵(岩波書店) 発行者 岡本厚 発行所 株式会社岩波書店 印刷 半七印刷 製本 松岳社 協力 加納千尋 本体価格 1,700円+税 刊行日 2020/11/17