{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

仙台本屋時間

1,980 JPY

About shipping cost

(版元サイトより) 本書は写真とエッセイでつづる本屋の本です。 前半は、本屋をこよなく愛する宮城在住の写真家、 志賀理江子が撮り下ろした本屋の写真と、 5名の作者によるエッセイのコラボレーション。 後半は、仙台の街なかにある本屋を一軒一軒 ご案内します。寄り道におすすめの本にまつわる スポットのご紹介もしています。 仙台の市街地には、創業111年の老舗から 2019年にオープンした独立系書店まで 大小の本屋が点在しています。 付録の地図を広げながら散策するのはもちろん、 出かけられない日はページを開いて本屋の時間を 体験できる一冊です。 <目次> 写真:志賀理江子「仙台本屋時間」 エッセイ:本屋とわたし 佐伯一麦「いつもそばに本屋が」 柳美里「言葉の前に椅子を」 小林直之「本屋さんに通う」 友部正人「ニューヨークにある小さな本屋の話」 志賀理江子「彼らの小さな本屋」 写真×ドローイング:志賀理江子×工藤夏海「本屋の夢」 仙台市街地本屋ガイド: エリア1<仙台駅⇄五橋>案内人・土方正志(荒蝦夷/古本あらえみし) エリア2<東二番丁⇄東仙台>案内人・前野久美子(book cafe 火星の庭) エリア3<一番町四丁目⇄北山>案内人・菅原匠子(曲線) 別紙付録:「仙台本屋時間」MAP(A3判カラー) 仕様:カラー・モノクロ80頁 四六版変形/コデックス装 企画・編集 前野久美子 ブックデザイン 岡田とも子 地図制作 風の時編集部 さし絵 工藤夏海 印刷・製本 analog(仙台市若林区卸町) 発行:Biblantern/ビブランタン(2021年4月5日) *本書は、Biblanternと公益財団法人仙台市市民文化事業団 「文化情報編集室」で制作しました。