【サイン入】白石ちえこ|島影
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

【サイン入】白石ちえこ|島影

4,400 JPY

About shipping cost

写真家、白石ちえこさんのモノクロ写真集。 1920〜1930年代に日本のアマチュアカメラマンの間で流行した「雑巾がけ」とよばれる写真修正技法で制作した銀塩写真。 A4変型 234 x 235 mm 上製本 ハードカバー 72頁 作品点数43点 発行部数400部 編集発行人:大田通貴 装幀:加藤勝也 印刷:株式会社サンエムカラー 発行:蒼穹舎 2015年6月16日発行(2019年2刷) ーあとがきより 物心がついた頃、ペンギン島に行ったという曖昧な記憶があるのだが、島へ行く道すがら見かけた風景はぼんやりとしかよみがえらず、 現実離れした絵の中の風景のようでもある。 船上から眺める島影はかすみ、波間に揺らめき、見え隠れしていた。遠くに近くに見えながら、なかなかたどり着くことができない。記憶の中で小さなシグナルを出すペンギン島は、まぼろしの島である。 その島影は、仄暗い記憶の底にゆらゆらと漂っている。