しいねはるか|未知を放つ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

しいねはるか|未知を放つ

1,500 JPY

About shipping cost

(版元サイトより) 婚活 家族 終活 分断 生活  ”普通”に迎合しようとしてみても、心身がついてこない。 既成の概念にとらわれず、未知に自己を放ってみると、いびつな欠点は生きるためのギフトに変化していった。 『未知を放つ』は、コンプレックスを煮詰めた著者による生活の奮闘記であり、ちいさな実験の記録であり、愛とユーモアと脇汗が染み込んだノンフィクションエッセイ。 The personal is Political(個人的なことは政治的なこと)という言葉が、堅いスローガンとしてではなく、日常の実感としてなんとも優しく感じられるパンク的名著です。 B6判 並製 215ページ 地下BOOKS
(2012)