サイン入 | 植本一子 / ある日突然、目が覚めて
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

サイン入 | 植本一子 / ある日突然、目が覚めて

1,320 JPY

About shipping cost

写真家・文筆家の植本一子による2021年初夏の日記。 <著者サイトより> 初夏の二〇二一年、永遠に続きそうな緊急事態宣言、相変わらずの政治への苛立ち、まさかのオリンピック開催、ワクワクチンチン・・・ かたや私生活では、カウンセリング、ゲシュタルトセラピー、鍼灸院と「ケア」に明け暮れ・・・改めて考える、日記を書くこととは何か・・・ 私の日常は、きっとあなたの日常にも繋がっている。 はじめに 長い間、自然と続けていた「書くこと」に、 ふいに疲れてしまった私。ちょうどそのタイミングで参加することになった日記を書くワークショップで、数人の参加者だけが読めるクローズドな場で日記を書くことになる。この日記はその二ヶ月(2021年6~7月)の記録である。 並製 118ページ 128 × 182 mm 2021年10月28日初版第一刷発行 著者 植本一子 デザイン 北原可菜 題字・イラスト 堀道広 印刷 innuniq