{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

『K』3号

1,485 JPY

About shipping cost

<特集> 青天の下、日月は流るる  ウズベキスタンの過去・現在 ウズベキスタンの街角から ―オビノンとユスポフスキーを探せ!     :帯谷知可(京都大学東南アジア地域研究研究所) シルクロードの要、ソグドの人びと     :森部豊 (関西大学) シルクロード蚕業復興計画 ―プロジェクトの始まりから現在に至る諸相     :川端良子(東京農工大学) バクトリアの仏教遺跡とクシャーン朝     :岩井俊平(龍谷大学龍谷ミュージアム) ファヤズ・テパ仏教遺跡出土壁画の保存修復     :影山悦子(名古屋大学) 繁栄する青の都―ティムール朝から現代まで      :木村暁(東京外国語大学) 陶芸の町リシュタンと日本語教室     :菊田悠(北海学園大学) 近世ホラズムにおける王権と水利     :塩谷哲史(筑波大学) ソ連時代のウズベキスタン ―ヴィクトル・ドゥホヴヌィと水利・灌漑開発     :地田徹朗(名古屋外国語大学) ウズベキスタンのリンゴ栽培―「ふじ」が育む日本との交流     :荒川修 (弘前大学) <連載 きょうもきょうとて> 第4回 水争い  :杉本良男(国立民族学博物館名誉教授) 社会人類学者が住んでみた京都 <連載 西域を読み解く> 第4回 大谷探検隊における出発の力学  :片山章雄(東海大学) 20世紀初頭中央アジアを踏査した大谷探検隊は、「実際に会って、話してみる」の実践者である。地域の理解に果たした功績を紐解いていく。 表紙写真:秋野 深 B5判・本文64ページ 2022年3月15日発行 バックナンバーはこちらから https://popotame.com/items/6055ac9b90865405949004de