サイン・zine付|安達茉莉子『毛布 - あなたをくるんでくれるもの』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

サイン・zine付|安達茉莉子『毛布 - あなたをくるんでくれるもの』

2,420 JPY

About shipping cost

(版元紹介文より) 「――いつも誰かの姿、誰かの言葉が毛布になってくれていた。」 言葉と絵で「物語」を表現する作家・安達茉莉子の初エッセイ集。彼女は自らの望む道を模索する中で得た考えや感情を瑞々しく掬い上げた文章と、心にあかりを灯すような絵で確実に読者を増やし続けてきました。 本書は自分自身を大切にすることが難しかったり、ふと立ち止まってしまったりした時にも「毛布」のように包み込み、心を温めてくれる一冊です。 暗闇にいたとき、安達さんの言葉と絵が放つ光に抱きしめられました。その光を誰かにきっと手渡したくなります。……竹中万季 (me and you) 小さな光が記憶の傷痕をひそやかに埋めていき、いつかの自分の味方になる。この本は人間の魂を気にかけてる。……野村由芽 (me and you) 装丁:惣田紗希 校正:牟田都子 四六判 296ページ 玄光社(2022) 【著者について】 安達 茉莉子(アダチ マリコ) 作家。言葉と絵で「物語」を表現する。大分県日田市出身。東京外国語大学英語専攻卒業、サセックス大学開発学研究所開発学修士課程修了。政府機関での勤務、限界集落での生活、留学など様々な組織や場所での経験を経て、言葉と絵による作品発表・エッセイ執筆を行う。著書に『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』(ビーナイス)、『何か大切なものをなくしてそして立ち上がった頃の人へ』(MARIOBOOKS)、『私の生活改善運動 THIS IS MY LIFE』(本屋・生活綴方出版部)他。 Web:mariobooks.com Instagram:andmariobooks Twitter:andmariobooks