{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

『些末事研究』vol.3、4

500 JPY

About shipping cost

  • vol.3

    Last 1

  • vol.4

    Last 3

『些末事研究』 vol.3(2017)、vol.4(2019) 高松市在住の福田賢治氏が編集・発行するミニコミ。vol.3の特集は「親と子」、vol.4の特集は「働き方怠け方改革」。特集ごとに寄稿や座談会をとおして、「ゆっくり考えてみる」(vol.3まえがきより)ことで見えてくるものがあります。 ◎もくじ vol.3 特集「親と子」 「大きい人と小さい人」 (鈴木潤) 「うちの親父が今日の世田谷ピンポンズに与えた多大なる影響」 (世田谷ピンポンズ) 「ちゃぶ台の重み、小道具の力」 (武藤誠) 「十二歳の決断」 (東賢次郎) 「高松私立おやこ小学校」 (YORIKO) 「家族の実践」(福田賢治) ☆座談 「母親と息子」 (荻原魚雷・東賢次郎・福田賢治・扉野良人) 追悼・阿伊染徳美 vol.4 特集「働き方、怠け方、改革」 「フォークシンガーの怠け方」(世田谷ピンポンズ) <座談>「文士の働き方、怠け方改革」(荻原魚雷・東賢次郎・福田賢治) 「三十七歳からはじめる 無職生活」(東賢次郎) 「さぼり上手の働き方」(鈴木潤) 「(いつか)蘇える勤労」(内田るん) 「一途をあきらめたときに始まる働き方」(蓑田沙希) 「家内制手工業のすすめ」(福田賢治) 「真剣な午睡」(扉野良人)  A5判 並製、60ページ(vol.3、4ともに)

Sale Items