{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

仕事文脈 vol.22 特集「NO!論破!」

Last 1

1,100 JPY

About shipping cost

「すべてのゆかいな仕事人に捧げるリトルマガジン」を標榜する『仕事文脈』、vol.22となる今号の特集は「NO!論破!」と「通勤は続く」の二本立てです。 特集1のリード文にあるように、「社会に、仕事に、生活に、複雑さを取り戻すため考える」ための手がかりとして。 <目次> 特集1:NO!論破! 論破でなにか変わる? 冷笑のあとなにが残る? 都合のいいことしか見たくなくなっている 社会に、仕事に、生活に、複雑さを取り戻すため考えるいろいろ 碇雪恵/わたしのミクロな平和活動 杉田俊介/ひろゆきとブルシット的虚無 礪波亜希/つながりと感情が武器化される時代に「論破」「冷笑」憎悪から距離を取る 竹田ダニエル/「思想が強い」と冷笑する前に Twitterから離れてみる  すんみ/情報や目にしているものがある時から固定化していた  篠原諄也 /差別発言でツイートを拡散するユーザーを手放せない仕組みに疲弊 座談会「右傾化した父を持っている」について問い続ける 小さな差別を聞き流さないことから『ヘイトをとめるレッスン』読書会 「論破」はどこからきてどこへ行くのか 〜世界NO論破〜   特集2:通勤は続く 全国平均は往復で1時間19分 住んでる街から職場まで 見てる、聞いてる、機械になって 最近はリモートも増えて、色んな働きかたがあるけどこの風景は同じまま? まだまだ続く通勤の今 丹野未雪/通勤の破壊と創造 小林美香/空白のビルボードを見つめて オルタナ旧市街/浅草橋・天使の詩 アンケート「通勤中の過ごし方」 インタビュー 通勤がなくなった ◎連載 仕事回文 杉野あずさ・みりんとおさとう 虹色眼鏡 チサ 40歳、韓国でオンマになりました 木下美絵 <聞く>という仕事 辻本力 男には簡単な仕事 ニイマリコ 無職の父と、田舎の未来について さのかずや 文脈本屋さん SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS     ほか A5版 並製、122ページ タバブックス(2023年)

Sale Items