{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

小指『宇宙人の部屋』

Last 3

1,650 JPY

About shipping cost

 わたしが恋したひと、一緒に起きて寝て人生を共にしてきた男はふたりの宇宙人だった。空の上にある無限の暗闇ではなくて、酒瓶の底にある淀んだ宇宙の住人だった。素面だと道端の老犬のように静かに優しいのに、一滴のアルコールで彼らは制御不能な獣に変身した。そして20代のほとんどを獣の世話に明け暮れたわたしも、酒に依存する人間に依存しながら、状況を好転させるどころか彼らの人生をよけい悪化させているだけなことに、ある日気づいてしまった。  アーティスト“小指”がいま初めて綴る、傷だらけの日々の記録。生きることに不器用な、3つの魂がひとかたまりになって坂を転げ落ちていく先に底はあるだろうか。明るい陽の差す出口は見えるだろうか。 (版元サイトより引用) 小指『宇宙人の部屋』ROADSIDERS(2023) A6判 並製、320頁

Sale Items