{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

林青那|KUROMONO

5,500 JPY

About shipping cost

林青那『KUROMONO』 トリプルブラックで印刷した大判作品集。 イラストレーターとして雑誌や広告で活躍する林青那は、2016年頃から画家として抽象画を発表しはじめました。墨の深い黒と、衝動的な線。丸や三角といったプリミティブな形。ほぼ無意識の状態で紙に向かい、ひたすらに手を動かすことで生まれるそれらの絵を、本人は「図」と呼びます。思いや意味から遠く離れ、ただそこにあるもの。メッセージ性がないことで、「見る」ことや「感じる」ことに純粋に立ち返ることができ、作品に対峙する人の意識も自ずと自由になっていきます。 作品集に収録したのは、個展『点点』(2017)や個展『BOTTLE,APPLE』(2018)、個展『CHROMONO』(2019)で発表した過去作と、作品集のために描き下ろした新作です。年代やシリーズをあえて分類せず、大胆に拡大やトリミングをしてレイアウトしています。 見どころは、富山の山田写真製版による印刷です。通常のモノクロ印刷は1版のみで行いますが、今回は3つの版を製作し、そのいずれもに黒のインクを使用する「トリプルブラック」という技法を用いました。黒に、黒と、黒のインクを重ねることで、墨に劣らない力強さが生まれています。筆のかすれや墨の濃淡も原画を忠実に再現しているので、黒の中にあるニュアンスをじっくりと楽しんでいただければ幸いです。強さの中に静けさも漂う林の作品は、見る人の心を原始の世界へと誘います。墨の黒と、そこから生まれるかたちをお楽しみください。(版元サイトより) 仕様: A3変形(W285 ☓ H285) 上製本 120ページ モノクロ デザイン:MAEDA DESIGN LLC. 初版2021年6月12日