{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

小山さんノートワークショップ編『小山さんノート』

Last 2

2,640 JPY

About shipping cost

「小山さん」と呼ばれたホームレスの女性が遺した80冊を超える手書きノートを8年かけて「文字起こし」し、その抜粋を掲載。ワークショップメンバーによるエッセイも収録。 * 時間の許される限り、私は私自身でありたいーー2013年に亡くなるまで、公園で暮らしながら、膨大な文章を書きつづっていた小山さん。町を歩いて出会う物たち、喫茶でノートを広げ書く時間、そして、頭のなかの思考や空想。満足していたわけではなくても、小山さんは生きるためにここにいた。 【小山さんのノートより】 働きに行きたくない。仕事がかみあわない。もう誰にも言えない。私は私なりに精いっぱい生きた。(…)私にとって、大事なものは皆、無価値になって押し流されていく。(1991年11月7日) 雨がやんでいたのに、またふってくる。もどろうか。もどるまい。黄色のカサが一本、公園のごみ捨て場に置いてあった。ぬれずにすんだ。ありがとう。今日の光のようだ。(2001年3月18日) 駅近くに、百円ちょうど落ちていた。うれしい。内面で叫ぶ。八十円のコーヒーで二、三時間の夜の時間を保つことができる。ありがとう。イスにすわっていると、痛みがない。ノート、音楽と共にやりきれない淋しさを忘れている。(2001年5月7〜8日) (書影、紹介文ともに版元サイトより引用) 小山さんノートワークショップ編『小山さんノート』エトセトラブックス(2023) 四六判変形 並製、288ページ

Sale Items