{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

福原悠介監督作品「立町三部作」 ドキュメンタリーパンフレット

700 JPY

About shipping cost

福原悠介監督作品のドキュメンタリー映画「立町三部作」のパンフレット。 「立町三部作」は、宮城県仙台市にある「立町」をテーマにした連作短編ドキュメンタリー映画。 おばあさんと猫の日常をとらえた『老人と家』、yumbo・澁谷浩次のソロ・アルバムの記録『Lots of Birds』、尾形亀之助の詩の朗読と風景による『木町末無/障子のある家』の3本から成ります。 このパンフレットにはスチール写真や監督インタビューのほか、志賀理江子(写真家)、小森はるか(映像作家)による寄稿文も収録。 作品をまだ見ていない方も楽しめる「おまけ(試写リンク)」が印刷されたポストカードがついています。 A4サイズ・フルカラー12ページ ホチキス中綴じ 福原悠介 1983年宮城県仙台市生まれ。映像作家。 アートプロジェクトや民話語りなど、地域の文化を映像で記録するほか、「対話」をテーマとしたワークショップをおこなう。記録集『セントラル劇場でみた一本の映画』企画・編集